BLOG

面積と数に比例しない明るさと開放感

家を建てる誰もが

明るくて開放的なお家にしたいと思い

設計図を吟味した上で

そうなるように十分な窓を設置します。

しかし、残念なことに

明るさや開放感は、窓の大きさや数には比例せず

結果的に思っていたより薄暗く

昼間から照明に頼らなくてはいけない家

なってしまうことも決して少なくありません・・・

もちろん、その理由は

フルタイムでカーテンを閉めておかないといけないからなので

イメージ通りの明るさや開放感を実現するためには

常時カーテンが必要になってしまう窓を作らないよう

心がけながら設計しないといけません。

フルタイムでカーテンをする必要がない

窓をつくることが出来れば

やみくもに窓を増やさなくても

十分な光を家の中に採りこむことができます。

結果、カーテンにかかるコスト

大幅に削減することもできるし

同時に、窓にかかるコスト

大幅に削減することができます。

例えば、窓の平均価格が

1本あたり4万円だとしたら

窓を10本少なくすることが出来れば

40万円ものコストがカットできます。

さらに、それらの窓全てにカーテンがいらないとしたら

さらに40万円前後のコストをカットすることができます。

つまり、合わせて80万円ほど

費用が違ってくるというわけですね。

また、窓が少なくなれば

その分、家の断熱性能がアップします。

いくらサッシやガラスの性能が上がったとはいえ

断熱材が入っている壁の方が

断熱性能が高いからです。

さらに、窓が少なくなれば

家の外観を美しく保ちやすくなります。

外壁を汚す最大の原因は

窓が流れるたれじみだからです。

そして、道路から見える面や玄関ドアの面といった

家の顔となる方角の窓が少なくなれば

あるいは、なくなれば

長い間、家を美しく維持しやすくなり、

結果、外壁の塗り替え周期が長くなり

それにかかるメンテナンスコストをカットすることができます。

✅窓が少ないことによる隠れメリット

そして、窓が少なくなると

室内側にも大きなメリットが生まれます。

というのも、窓が少なくなれば

必然的に壁の面積が増え

壁の面積が増えれば

収納の棚を、よりたくさんつけることができるからです。

つまり、単純に収納量が増えるというわけですね。

多くの方が、収納の多い少ないは

床面積によって決まると思い込んでしまっています。

しかし、床面積を広げれば

一見、収納できる場所が増えたような気がしますが

それに連動して家のコストも増えてしまいます。

その点、壁面積を増やせば

床面積を増やすことなく、

家のコストを一切増やすことなく

収納できる場所が増えることになるというわけですね。

いかがですか?

明るくて開放的な家をつくるために必要なのは

窓の大きさや数ではなく

その役割を果たすことができる窓しかつくらないようにする

ということです。

そして、それさえ出来れば

コストをカットしながら

明るくて開放的な家と

風通しのいい家を実現することができます。

また、家の景観も美しくなルシ

プライバシー性と防犯性も高くなるし

家の断熱性能も高くなるし

家の収納もより多くなります。

窓が少ない分、窓の掃除にかかる手間も省けますし。

ということで

家づくりをする時には、

窓の役割についてもよく考えながら

間取りと外観の設計をしていただければと思います。

それでは。。。

関連記事一覧

月を選択